忍者ブログ
レビューのためのブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 『ジョゼと虎と魚たち』
監督:犬堂一心

--

こんなすてきな映画に出逢ったの、はじめてだわ。


いま、観終わった直後で、興奮しすぎているので、多少ネタばれがあるかもしれません。


私が、言ったことを撤回したくなってしまうほど、すてきな作品。


私は「君」に会うために、こうして生まれてきたのだから、消えたいなんて、ぜったい言ってはいけないわ、って思った。


ああ、そこで、ねこ、だなんて、そこで、海、だなんて、そしてくるりの『ハイウェイ』だなんて、って、私の好きなものがあふれている作品だったし、ジョゼ、私もそう名乗りたいわ、って思った。


私がいまこのタイミングで出会ったのが、もう、ただの偶然を通り過ぎてしまっているように感じるぐらい、
レビューになっていなくてごめんなさい、
それぐらい、ほんとうに大好きです。


また観ます。
PR
『陰日向に咲く』
原作:劇団ひとり「陰日向に咲く」
監督:平川雄一郎

--

親が観るって言うから、一緒に行ってみた。


原作のほうが面白いんだろうなぁ、と思った。
泣き所はあるんだけど、それは、原作が良かったり、演技が良かったりした部分だと思った。

始めはあちこちでばらばらにストーリーが進んで、それが途中からひとつに繋がる。
ばらばらな部分が長かったなあ。
つながり始めてからはそれなりによかったけど、でも、ひとつ、繋がらない箇所があって、気になって仕方がなかった。


映画化する必要があったものなのかなあと疑問に思った。
原作読んでないからなんとも言えないんだけど。
ただ原作と同じようにストーリーを追っているもたいだった。映像にして。
それでは、本のすべては表せないだろうな。
映画で繋がらなかった部分、原作ではちゃんと繋がってるのかな。
とにかくまず、原作を読みたいと思った。


岡田くんと、西田敏行の演技は素晴らしかった。
あれがなければ意味がないやな、たぶん。

原作を読んでから、また考えようと思う。
私は原作のある映画は原作を読んでから観るのが好き。
映画化、は、後付け、だと思ってるから。
原作ありき。
原作読んだら映画についても、また書きます。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/14 mzk]
[08/12 ヂャニス]
[06/10 mzk]
[06/09 ばてぃぉ]
[06/05 mzk]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索